ServiceNowとは?

ServiceNowとは、ServiceNow, Inc.が提供する企業のサービスマネジメント※1を変革するクラウドサービスです。
ServiceNowでサービスを単一プラットフォーム上に統合し、単一窓口・業務プロセス標準化・自動化・情報管理を実現します。煩雑な業務を自動化することで、適正なIT運用に掛かる膨大な時間と労力から解放され、従業員がコア業務へ専念する時間を生み出します。

  1. サービスの価値向上を目的として運用プロセスを管理、標準化するためのフレームワーク

三菱総研DCSは、ServiceNow社から、Sales Partner・Service Partner・Service Provider Partnerのパートナー認定を受けています。
ServiceNowを最適な形で活用頂けるよう、コンサルティングから導入後のサポートまで一貫して支援し、様々な課題の解決と企業のさらなる成長を後押しいたします。

ServiceNowの機能

  • ITサービスマネジメント
    サービス利用者・提供者のサービスデスク業務の生産性を向上し、組織ごとのIT資産管理の状況やコスト状況を可視化します。
  • ITビジネスマネジメント
    運用とオペレーションを管理し、重要なアプリケーションにコストを再配分し、戦略的ポートフォリオ計画を作成・実行します。
  • ITオペレーション
    マネジメント
    IT機器情報を自動的に収集します。構成情報や資産情報は、常に情報の鮮度が高い状態で管理・運用できるようになります。
  • 資産管理
    必要なソフトウェアの調達、管理、最適化を行い、不要な浪費の削減や、コンプライアンスリスクを低減します。
  • セキュリティ
    オペレーション
    既存のセキュリティツールを接続し、これまでの手作業をワークフロー化することで、インシデント・脆弱性の優先順位付けを行います。
  • 人事サービスデリバリ
    従業員からの問合せや申請手続きなどのやり取りを標準化し、必要なサービスを簡単に入手できる環境を整えます。
  • カスタマーサービス
    マネジメント
    ナレッジベースやコミュニティを備えたカスタマーサービスのポータルを提供します。自動化・効率的なサービス提供を実現します。
  • プラットフォーム
    企業業務プロセスに特化した開発プラットフォームにより、ビジネスアプリケーション開発の高度化ができるようになります。

利用イメージ

01ヘルプデスク業務への活用シーン

ヘルプデスクへの問い合わせに対し、回答に時間がかかったり、担当者のスキルによって
回答内容にばらつきが出るなどの様々な問題を、ServiceNowが解決します。

現行のフローでは問い合わせの回答に時間がかかり、待ちが発生。主業務に集中できない…。ServiceNowの導入で解決!(チャットボット機能・ナレッジの蓄積・共有)現行のフローでは問い合わせの回答に時間がかかり、待ちが発生。主業務に集中できない…。ServiceNowの導入で解決!(チャットボット機能・ナレッジの蓄積・共有)

02障害管理での活用シーン

発生した問題の記載内容が連携されていない・ナレッジの活用や共有ができていない等により、
解決に時間がかかってしまう問題を、ServiceNowが解決します。

現行のフローでは、記載内容が連携されず、毎回起票するのが面倒。Excelファイルでナレッジを管理しているが、書き溜めるだけになっている。ServiceNowの導入で解決!ナレッジ活用により解決までの時間を短縮!現行のフローでは、記載内容が連携されず、毎回起票するのが面倒。Excelファイルでナレッジを管理しているが、書き溜めるだけになっている。ServiceNowの導入で解決!ナレッジ活用により解決までの時間を短縮!

03資産・構成管理での活用シーン

大量の資産台帳や資産管理ツールが把握できていない、棚卸の更新作業負荷も高い、
システムごとの固定費が把握できていないなどの様々な問題を、ServiceNowが解決します。

ServiceNowの導入で自動化が可能になるフローのイメージ図ServiceNowの導入で自動化が可能になるフローのイメージ図
期待価値:資産・契約情報の統合、ITSMとの連携、重複ソフトウェアの排除、資産ライフサイクル(購入から廃棄まで)の統合的な管理、固定費の把握・可視化、これらのプロセスをITSM等を含むシングルプラットフォームで実現。ServiceNowの導入で期待以上の効果!ライセンス超過のコンプライアンスリスクを最小化、無駄なコストの削減、Employee Experienceの向上、資産関連のリクエストリードタイムの短縮、管理コスト削減期待価値:資産・契約情報の統合、ITSMとの連携、重複ソフトウェアの排除、資産ライフサイクル(購入から廃棄まで)の統合的な管理、固定費の把握・可視化、これらのプロセスをITSM等を含むシングルプラットフォームで実現。ServiceNowの導入で期待以上の効果!ライセンス超過のコンプライアンスリスクを最小化、無駄なコストの削減、Employee Experienceの向上、資産関連のリクエストリードタイムの短縮、管理コスト削減

04Notes更改ソリューション

多くの企業より寄せられる、「もはやNotesを使い続けるのは限界に近い。」といったような声に
お応えすべく、ServiceNowの導入により対応を図ります。

現行:ワークスタイルの変革に対し柔軟性がない、Notesを設計・運用できる技術者が不足、仕様が複雑化し保守費用増大 移行、更改後(一例):新しいワークスタイルに有効なワークフローシステムを構築、汎用的な技術をベースとしたシステムを採用、ローコード開発ソリューションの採用により内製化可能(教育も支援します)現行:ワークスタイルの変革に対し柔軟性がない、Notesを設計・運用できる技術者が不足、仕様が複雑化し保守費用増大 移行、更改後(一例):新しいワークスタイルに有効なワークフローシステムを構築、汎用的な技術をベースとしたシステムを採用、ローコード開発ソリューションの採用により内製化可能(教育も支援します)

Notes更改を
ご検討の方、必見!

Notes移行・更改で「何をしたらいいかわからない」「上手くいくか不安…」などお悩みの方は、まずはこちらの資料が必見です!

ご提供体制

現状を可視化し導入効果を図るコンサルチーム、要件定義~開発・リリースまでを担う開発チーム、
バージョンアップなどを対応する保守チームにて組成等、万全の体制を準備しております。

導入コンサルサービスはコンサルチーム、プロフェッショナルサービスは開発チーム、サポートサービスは保守チーム、ServiceNowのテクニカルサポートの体制図。導入コンサルサービスはコンサルチーム、プロフェッショナルサービスは開発チーム、サポートサービスは保守チーム、ServiceNowのテクニカルサポートの体制図。

まずはお問い合わせください

※ServiceNowは、米国ServiceNow,Inc.の米国における登録商標または商標です。※その他本ページ中の会社名、商品名は各社の商標、または登録商標です。