社長メッセージ

ご挨拶

三菱総研DCSは1970年の創立以来、IT(情報技術)のプロフェッショナルとして、お客様と社会の課題解決を事業の柱としてきました。現在は、三菱総合研究所グループの中核企業として、グループ各社との連携のもと、果敢に挑戦を続けています。

2020年10月にスタートした3カ年の「中期経営計画2023」は、DX事業とサービス事業を成長の両輪とし、事業ポートフォリオの選択と集中を進めて、持続的な成長を図る方針としました。加えて、戦略的投資や外部との連携を積極的に行い、課題解決力を一段と多様化・高度化してまいります。

未来は不確実性に満ちていますが、便利で豊かな社会の実現にITは欠くことができません。三菱総研DCSは、社会・生活のIT基盤を支えている自負と、持続可能な未来をITで実現する志を胸に、人と技術を磨き続け、お客様と社会の発展に貢献してまいります。

創立50周年を経て、さらなる飛躍を期す三菱総研DCSに、ぜひご期待ください。

代表取締役社長
松下 岳彦