2021.9.13

三菱総研DCS OutSystemsジャパンとパートナー契約を締結
~アジャイル開発・ローコード開発の導入支援を開始~

三菱総研DCS株式会社

  • お知らせ

三菱総研DCS株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:松下 岳彦、以下:DCS)は、OutSystemsジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:アーノルド・コンセンコ)とローコード開発プラットフォーム「OutSystems」開発に関するパートナー契約を締結しましたのでお知らせいたします。
今回の締結により、DCSは、システム内製化や開発スピードの向上を実現する「OutSystems」活用の導入を支援してまいります。

概要

事業環境が目まぐるしく変化する中で、将来の成長や競争力強化のために、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)をスピーディーに進める必要性が高まっています。DXを実現していくためには、スピーディーで柔軟なシステム開発が求められており、アジャイル開発やローコード/ノーコード開発、システムの内製化が注目されています。
このようなニーズの加速化に対応するため、DCSはOutSystemsジャパン株式会社とのパートナー契約締結により、OutSystems活用の支援を行ってまいります。

提供内容

  • プラットフォーム導入支援
    「OutSystems」の導入
  • システム内製化支援
    アプリケーション開発支援、ハンズオン支援
  • 検証(PoC:Proof Of Content)支援
    実現性検証支援、技術検証、プロトタイプ開発支援
  • 運用・保守サポート
    テクニカルサポート、運用・保守サービス

「OutSystems」活用概念図

「OutSystems」について

「OutSystems」は、視覚的にアプリケーションを開発できる「ローコード開発プラットフォーム」※です。アジャイル開発に不可欠なアプリケーションライフサイクル管理も可能であり、システム内製化の取り組みを推進しスピーディーで柔軟なシステム開発を実現します。

「OutSystems」製品詳細

※ローコード開発プラットフォームとは、ドラッグ&ドロップによる視覚的な開発が行える開発プラットフォームです。直感的な視覚操作で開発が行えるため、開発期間の短縮や生産性の向上が期待できます。

今後の展開

DCSは、高品質なITトータルソリューションを50年にわたり提供してきた実績を活かし、「OutSystems」を用いてお客様と一体となったシステム内製化やDX推進を支援いたします。

実績

  • コンサルティング:顧客課題やニーズの洗い出し~解決策の策定、PoC
  • アプリケーション開発:ウォーターフォール/アジャイルでの開発、UXデザイン
  • システム運用:顧客システム運用やセキュリティ対応、クラウドサービスの安定提供

今回の発表に際し、OutSystemsジャパン株式会社 代表取締役社長 アーノルド・コンセンコ様よりエンドースメントを頂いています。

OutSystemsジャパンは、DCSとのパートナー契約の締結を心より歓迎します。OutSystemsジャパンは「デジタルトランスフォーメーションで日本企業の競争力強化に貢献する」を企業のミッションとして掲げております。DCSとのパートナーシップにより、日本のお客様に、よりスピーディーにデジタルトランスフォーメーションを実現する為の貢献が出来る事を期待しております。

OutSystemsジャパン株式会社
代表取締役社長 アーノルド・コンセンコ

OutSystemsジャパン株式会社について

OutSystemsは、2001年にポルトガルで設立され、「ソフトウェアを通じてあらゆる企業のイノベーションを支援する」をミッションに掲げています。生産性、コネクテッド、AI支援に富んだ機能を実装した、OutSystemsのローコード開発プラットフォームは、開発者があらゆる場所から組織に必要なフルレンジのアプリケーションとシステムを迅速に構築し、展開するのに役立ちます。全世界で1400社以上の先進的エンタープライズ企業と組織が「OutSystems」を活用し、従来の開発手法と比較して6~10倍のスピードで様々なアプリケーションを開発しています。OutSystemsジャパン株式会社は、2017年1月に設立されました。日本では145社以上の企業が「OutSystems」を採用しています。
詳細については、以下URLをご参照ください。

http://www.outsystems.com/ja-jp

三菱総研DCSについて

DCSは、1970年の創立以来、銀行・クレジットカード等金融関連業務で豊富な実績を有するIT企業です。2007年に開発標準プロセスを制度化し、システム開発の品質と生産性の向上、並びにそれらの継続的な改善に取り組んできました。2017年にはグローバルスタンダードであるCMMIレベル5を達成。これからもお客様の発展に寄与すべく、より高品質なシステム・サービスを提供してまいります。

※記載の会社名および商品名、WebサイトのURLなどは、本リリース発表日現在のものです。
※記載されている製品名は各社の商標、もしくは登録商標です。

お問い合わせ先

お問い合わせ

当リリースに関して(三菱総研DCS)

三菱総研DCS株式会社
〒140-8506 東京都品川区東品川四丁目12番2号 広報部