オプションメニュー

運用サービス

監視・定常運用・障害対応

FINEQloud上のシステムに対して、以下の監視サービスをご提供します。

提供サービス内容
サーバー監視 死活監視
リソース監視(CPU/Memory/Disk)
サービス/プロセス監視
ログ監視
SNMPトラップ
ネットワーク監視 死活監視
SNMPトラップ

システム個別の要件にも、任意の手順書に則った定常運用・障害対応等、柔軟に対応致します。
お客さまのシステム運用負荷を軽減し、本業へ注力いただける環境構築を支援します。

バックアップ

バックアップサービスは、以下の基本メニューとオプションメニューから選択いただけます。

基本メニュー オプションメニュー
サービスメニュー内でバックアップを
実施したいお客様に
バックアップを細かく設定
実施したいお客様に
共有タイプ 対象:仮想マシンのイメージ
頻度:日次
世代:7世代

バックアップサーバ提供サービス


対象、頻度、世代管理ともに、
お客様任意の設定が可能
専有タイプ 対象:ハイパバイザ設定値
頻度:日次
世代:7世代
ベアメタルタイプ 対象:サーバのシステムバックアップ
頻度:申請時
世代:1世代

オプションのバックアップサーバ提供サービスは、個別にサーバを提供致します。
お客様の要件に応じてバックアップ設計し、データ消失による業務影響を極小化、データ保全対策の最適化が可能です。

エンタープライズ向け自動化プラットフォームであるRed Hat Ansible Towerをご提供します。

ANSIBLEロゴ
<Red Hat Ansible Towerの特徴>
  • ソフトウェアの設定作業、ログ収集などの定常運用作業の自動化を実現
  • 設定・変更等の一元(構成)管理を実現
  • エージェントソフトウェアをインストールすることなく利用可能

このRed Hat Ansible Towerを、 FINEQloudでは最小10ノードから月額1ノード単位で利用可能になります。
従来のリテール版(年額100ノード単位の提供)では、早期の費用対効果の見込めなかったお客様にも、ご利用いただきやすくなりました。

基本メニュー

Ansible Tower Red Hat Ansible Towerをご提供します。

オプションメニュー

標準PlayBook提供サービス 標準化されたPlaybookを提供いたします。
PlayBook開発サービス お客様のご要望に応じて、Playbookの個別開発・カスタマイズを実施します。
導入支援サービス お客様環境でのPlayBook開発技術支援、個別研修をご相談しながら企画・遂行いたします。

自動化プラットフォーム

FINEQloud内のご利用だけでなく、閉域網での接続環境を整えることで、オンプレミス環境とパブリッククラウド環境をシームレスに管理することが可能です。
さらに、弊社の運用アウトソーシングサービスとあわせて利用することで、お客様のシステム管理スキームに沿った運用アウトソーシングも実現できます。

redhatロゴ

三菱総研DCSは、レッドハットの認定サービスプロバイダーです。
Red Hat Ansible Towerは、米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。