スポットで年末調整をアウトソースしたい

スポットで年末調整をアウトソースしたい時のよくある悩み

スポットで年末調整をアウトソースしたい時のよくある悩み
  • 年末調整時期は、残業過多となってしまう
  • 年末調整時期のみ派遣・アルバイトを雇用しているが、教育が大変
  • 他部からの応援で対応しているが、セキュリティ上不安
  • 紙申告書の配付、回収、確認が限界
  • 毎年変更となる法改正の情報収集と理解が追い付かない

よくある悩みへの対処法

  • 1年末調整時期は、残業過多となってしまう

    年末調整は、通常月の要員では業務がまわらないため、必然的に残業が多くなる。
    従って、年調時期の業務量を下げることで、年間の業務を平準化可能。

    年間通じて一定の
    業務量となるように
    コントロール
  • 2年末調整時期のみ派遣・アルバイトを雇用しているが、教育が大変

    年調は単純作業でありつつ、毎年複雑化する法改正内容を整理してチェックを行う必要があるため、担当者以外の要員や、アルバイト雇用では品質が担保しにくい。

    ノウハウをもった
    人員で毎年
    運用できる
  • 3他部からの応援で対応しているが、セキュリティ上不安

    年調申告書には機微情報も多く、他部門の方の支援を躊躇するケースが多い。
    また、間違えられないため、結局は担当者が全てを最終チェックする必要が出てくる。

    人事部内で
    完結できる
    運用方法
  • 4紙申告書の配付、回収、確認が限界

    紙の年調申告書は、印刷、封入、配付、回収が全て手作業となる。
    テレワーク増加により自宅への郵送作業やコスト、紛失リスクも発生する。

    Web化による
    手間と紛失リスクの
    低減
  • 5毎年変更となる法改正の情報収集と理解が追い付かない

    年調業務は自社運用していても、法改正の頻度が多く、複雑化する各種申告書の様式や、計算方法の変更を自ら把握し、従業員や作業者に周知することが限界。

    法改正情報等を早く、
    わかりやすい形で
    把握できるか?

人事給与アウトソーシング「プロサーブ」で
解決出来ること

  • 年末調整業務はもちろん、地方税年度更新作業のスポット対応も可能。(弊社システム利用は必須)
    年末調整業務はもちろん、地方税年度更新作業のスポット対応も可能。(弊社システム利用は必須)
  • 年調計算方法や直近の法改正情報等の教育を受けたメンバーで業務を遂行。
    年調計算方法や直近の法改正情報等の教育を受けたメンバーで業務を遂行。
  • 年調業務のほとんどを受託可能。不備等のやり取りは、人事部窓口の方1名で完結。
    年調業務のほとんどを受託可能。不備等のやり取りは、人事部窓口の方1名で完結。
  • Webによる申告機能あり。証明書等原本提出が必要な方の個人郵送対応も可能。
    Webによる申告機能あり。証明書等原本提出が必要な方の個人郵送対応も可能。
  • 税に関する法改正情報は適宜発信。実施前にはサービス内容説明会を実施。
    税に関する法改正情報は適宜発信。実施前にはサービス内容説明会を実施。

お客様の声

  • 病院従業員1000人

    準備を含めると4カ月以上かけて行う業務の社内負荷がほぼ0になることで大変助かっています。説明会できちんとサービスを理解できるのも、不安がなくサービス開始できました。

  • 小売業従業員2000人

    Webの活用や、従業員からの直接授受サービスの利用により、紙の申告書で行っていた時に比べてもさらに便利になりました。

営業からのアドバイス

  • 営業からのアドバイスの写真

    年末調整は毎年のように法改正があり、且つ業務量も多いため委託を希望されるお客様が多くいらっしゃいます。
    是非、委託をしていただき、空いた時間で今までなかなか着手できなかった規定変更や、福利厚生見直し等の時間にお使いいただければと思います。