IT運用のデジタル変革

SaaS型IT運用プラットフォーム ServiceNow導入支援

  • ITインフラ・運用

煩雑な業務を自動化し、IT運用に掛かる膨大な時間と労力からの解放

ServiceNowとは、ServiceNow, Inc.が提供する人々の働き方を変え、生産性を向上を促進・変革するクラウドサービスです。企業のあらゆるビジネスシーンでデジタルシフトが急速に進む一方で起こりうる、既存システム運用やサービス提供フローが複雑で「なかなかデジタル変革が進まない」「業務が属人化している」などの課題解決や、企業の成長を後押しするソリューションです。

このような企業さまへ

サイロ化した業務システムを統合したい企業

ポータルやサービスカタログで窓口を一元化したい企業

業務プロセスの標準化・自動化をしたい企業

データの利活用を促進し状況の「見える化」をしたい企業

場所を問わない働き方を促進したい企業

サービス特長

三菱総研DCSは、ServiceNow社の「Premier」セグメント認定パートナーです

ServiceNow社から、Sales Partner・Service Partner・Service Provider Partnerのパートナー認定を受けています。 ServiceNowを最適な形で活用頂けるよう、コンサルティングから導入後のサポートまで一貫して支援し、様々な課題の解決と企業のさらなる成長を後押しいたします。

迅速に導入可能で、実績豊富なプラットフォーム

サービスを単一プラットフォーム上に統合し、単一窓口・業務プロセス標準化・自動化・情報管理を実現します。煩雑な業務を自動化することで、適正なIT運用に掛かる膨大な時間と労力から解放され、従業員がコア業務へ専念する時間を生み出します。

ローコードによるスピード開発の実現

基本パッケージとしてポータルやサービスカタログ、ワークフローを始めとする様々な機能が準備されており、ローコードによるスピード開発でシステム利用の早期化を実現します。

サービス内容

ServiceNowのソリューション

ITサービスマネジメント

サービス利用者・提供者のサービスデスク業務の生産性を向上し、組織ごとのIT資産管理の状況やコスト状況を可視化します。

ITビジネスマネジメント

運用とオペレーションを管理し、重要なアプリケーションにコストを再配分し、戦略的ポートフォリオ計画を作成・実行します。

ITオペレーションマネジメント

IT機器情報を自動的に収集します。構成情報や資産情報は、常に情報の鮮度が高い状態で管理・運用できるようになります。

資産管理

必要なソフトウェアの調達、管理、最適化を行い、不要な浪費の削減や、コンプライアンスリスクを低減します。

セキュリティオペレーション

既存のセキュリティツールを接続し、これまでの手作業をワークフロー化することで、インシデント・脆弱性の優先順位付けを行います。

人事サービスデリバリ

従業員からの問合せや申請手続きなどのやり取りを標準化し、必要なサービスを簡単に入手できる環境を整えます。

カスタマーサービスマネジメント

ナレッジベースやコミュニティを備えたカスタマーサービスのポータルを提供します。自動化・効率的なサービス提供を実現します。

プラットフォーム

企業業務プロセスに特化した開発プラットフォームにより、ビジネスアプリケーション開発の高度化ができるようになります。

利用イメージ

ヘルプデスク業務への活用シーン

ヘルプデスクへの問い合わせに対し、回答に時間がかかったり、担当者のスキルによって回答内容にばらつきが出るなどの様々な問題を、ServiceNowが解決します。

現行のフローでは、担当者からの問い合わせをヘルプデスクが業務所管部門に取り次ぐため、問い合わせの回答に時間がかかり、待ちが発生。主業務に集中できないという課題がありました。さらには、ナレッジはヘルプデスク個人や部門毎にのみ蓄積され、属人化が進む懸念もありました。ServiceNowを導入すると、チャットボット機能により、ユーザーが質問を自己解決でき時間短縮につながり、ヘルプデスクへの問い合わせが減少することからオペレーションコストも削減。解決のためのノウハウをナレッジとして蓄積・共有できるので、ヘルプデスクと各部門の緊密な連携を実現し、オペレーターコストの削減にも寄与します。

障害管理での活用シーン

発生した問題の記載内容が連携されていない・ナレッジの活用や共有ができていない等により、解決に時間がかかってしまう問題を、ServiceNowが解決します。

現行のフローでは、記載内容が連携されないため、インシデント確認、切分け、原因判明などの旅に毎回起票をするのが面倒でした。また、excelファイルでナレッジを管理していても、書きためるだけになっており、過去の類似事象に気がつけませんでした。ServiceNowを導入すると、インシデント発生後は自動でインシデントレコードを作成。インシデントレコード、問題レコード、変更・リリースはそれぞれ連携されるため、起票を省力化。ナレッジコンテンツもデータベースに蓄積されるため、ナレッジ活用により解決までの時間を短縮できます。

資産・構成管理での活用シーン

大量の資産台帳や資産管理ツールが把握できていない、棚卸の更新作業負荷も高い、システムごとの固定費が把握できていないなどの様々な問題を、ServiceNowが解決します。

ServiceNowの導入で、業務フローの自動化が可能になります。例えば資産・契約情報の統合、ITSとの連携、重複ソフトウェアの排除、資産ライフサイクルの統合的管理、固定費の把握と可視化、これらのプロセスのシングルプラットフォームかなどが期待できます。さらにはライセンス超過のコンプライアンスリスクの最小化、無駄なコストの削減、Employee Experienceの向上、資産関連のリクエストリードタイムの短縮、管理コスト削減などの効果も見込まれます。

Notes更改ソリューションとしての活用

多くの企業より寄せられる、「もはやNotesを使い続けるのは限界に近い。」といったような声にお応えすべく、ServiceNowの導入により対応を図ります。

Notesを使っている現状では、ワークスタイルの変革に対し柔軟性がない、Notesを設計・運用できる技術者が不足、仕様が複雑化し保守費用が増大するといった課題がありました。診断ツールや移行ツールを駆使して更改した後の例としては、ServiceNowとOffice365を併用して機能を再構成。新しいワークスタイルに有効なワークフローシステムを構築し、汎用的な技術をベースとしたシステムを採用。ローコード開発ソリューションの採用と教育支援により内製化が可能となりました。

サービスの流れ

現状を可視化し導入効果を図るコンサルチーム、要件定義~開発・リリースまでを担う開発チーム、バージョンアップなどを対応する保守チームにて組成等、万全の体制を準備しております。

コンサルチームはプロジェクト初期にFit&Gap、アセスメントなどを行い、Proof of Valueの実施で導入前の利用をイメージ化します。開発チームは要件定義以降のフェーズでSaas実装、テスト、移行、教育、ドキュメント作成、トレーニングなどの内製化支援を行います。保守チームは運用・保守フェーズでトータルサポート、マネージドサービス、エンハンス、バージョンアップなどの支援を行います。

価格・お支払い方法

まずはお問い合わせください

解決したい内容を伺い、個別に価格をご提示いたします。

よくあるご質問

オンプレミス環境での利用も可能ですか
現在、オンプレミス環境での提供はしておらず、SaaS利用のみとなります。SaaSですので、お客様にサーバを用意していただく必要はなく、インターネットを介して直接アクセスし、ご利用いただけます。
具体的な導入費用が知りたいです
利用機能や人数、ノード数など、さまざまな算出方法がありますので、まずはご連絡ください。
ナレッジは作り込みが必要でしょうか
既に活用いただいているナレッジのデータをもとに、移行作業の検討が可能ですので、ご相談ください。
ServiceNowの強みはなんですか
「全体の可視化」「業務の自動化」が大きな強みです。ダッシュボードから得られる情報や分析機能によって、状況をリアルタイムに把握でき、業務の効率化に繋がります。また、複雑化したサービスを単一プラットフォーム上に統合することで、業務をシンプルに組みなおすことが可能です。

資料ダウンロード

失敗しない!Notes更改

Notes更改をご検討の方は必見です!「失敗しない!Notes更改」の資料請求はこちらから。

お問い合わせ

導入のご相談や、ServiceNowについて気になる点・ご不明点など、お気軽にご相談ください。