ニュース履歴

サービスの共創を促進するパートナープログラムを開始
~第一弾として、多要素認証サービス「FQ-MA」のパートナー企業を募集~

2020年1月21日
三菱総研DCS株式会社


三菱総研DCS株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:松下 岳彦、以下:DCS)は、パートナー企業とのサービス共創促進のため、2020年1月よりパートナープログラムを開始いたします。提供サービスの第一弾として、多要素認証サービス「FQ-MA」のパートナー企業を募集いたします。今後もパートナープログラムのサービスラインアップを順次拡大予定です。

パートナープログラムについて

本パートナープログラムは、DCSが提供するサービスと、パートナー企業の自社サービスを組み合わせて、販売いただくプログラムです。デジタルトランスフォーメーション、ビックデータ活用等、お客様の多様なニーズにお応えするため、DCSとパートナー企業とのサービス共創により、相互の強みを生かしたサービス提供を実現いたします。
今後、パートナープログラムのサービスラインアップを充実させ、より多くの選択肢をご提供することで、多くの企業様とパートナーシップを組み、サービス共創を強化してまいります。
パートナープログラムサイト https://www.dcs.co.jp/fineqloud/fq-ma/partner.html

FQ-MAについて

「FQ-MA(FINEQloud Multi-factor Authentication)」は、DCSが提供するクラウドサービス「FINEQloud(ファインクラウド)」に属する多要素認証サービスです。従来の多要素認証が抱える利便性の低下やコスト面の課題を克服し、これからの時代を見据えた幅広いデバイスに対応します。クラウドサービスの利用やテレワーク時の認証だけでなく、外出先などでのモバイル端末からのアクセスにも適したサービスです。(https://www.dcs.co.jp/fineqloud/fq-ma.html

DCSについて

三菱総研DCS株式会社は、銀行・クレジットカード等金融関連業務で豊富な実績を有する他、千葉情報センターを核としたアウトソーシングやBPO業務等でも強みを持っています。また、会社創業時からご提供している人事給与サービスPROSRVは受託数約2,000事業所とわが国トップクラスの実績を有します。2004年からは、三菱総研グループの一員として一体的サービスを展開し、シンクタンク~コンサルティング~ソリューション~BPOの一貫したバリューチェーンをご提供できる日本でも数少ない企業集団として、お客様の企業価値向上の実現に取り組んでいます。

※記載の会社名および商品名、WebサイトのURLなどは、本リリース発表日現在のものです。
※FINEQloudは、日本国において登録された三菱総研DCS株式会社の商標です。

PDF版はこちら

本リリースに関するお問い合わせ先

三菱総研DCS株式会社 〒140-8506 東京都品川区東品川四丁目12番2号
・パートナープログラム、FQ-MAに関して
 基盤サービス部共通基盤グループ TEL:03-3458-9526 E-mail: fqma@dcs.co.jp

 製品サイト https://www.dcs.co.jp/fineqloud/fq-ma.html
・当リリースに関して
 総合企画部(広報) TEL: 03-3458-8214