50th DCS 50TH ANNIVERSARY ITで実現する、持続可能な未来。
50th DCS 50TH ANNIVERSARY ITで実現する、持続可能な未来。
Scroll

代表メッセージ

すべての
ステークホルダーへの感謝。

三菱総研DCS株式会社は、本年、創立50周年を迎えました。
これも偏に、50年の長きにわたって信頼を寄せてくださったお客様をはじめ、社員、取引先・パートナー、株主、地域、さらには社会までも含めた多くのステークホルダーに支えていただいたお陰であり、この場を借りてDCSに関わるすべての方に感謝を申し上げます。

代表取締役社長

松下 岳彦

50年という財産。

この50年間に諸先輩によって培われてきた財産は、着実に発展してきた業容であり、積み重ねられてきた優れた知見や経験です。
しかし、私たちが最も敬意を払うべきは、形に表れない、DCSブランドに対する「信頼」であり、お客様と社会の発展に果敢に挑戦してきた「志」、そしてそれを成し遂げてきた「誇り」です。
「信頼」と「志」と「誇り」を胸に、私たちは次の50年に向かって歩みを進めます。

社会や生活を支えるインフラとしてのITの必要性・重要性は、ますます高まっていきます。私たちは50年という財産をさらに磨き上げ、次世代へより優れた状態で引き継いでいくために、挑戦を続けます。

ITの力。

現代は、かつてないほど変化が大きく速く、未来は非連続で不確実性に満ちています。一方で、変化の時は、チャンスの時でもあります。
私たちはITの力でよりよい社会を実現するために、変化に主体的に立ち向かい、これをチャンスに変えていきます。

様々なビジネスや社会課題を解決し、豊かで便利な社会を実現するためには、ITの力は欠くことができません。しかし、ITの力をよりよい方向に最大限発揮させるのは、人の役割です。
私たちは、持続可能な未来をより確かなものにするために、技術と人を磨き続けます。

共に創る未来。

私たちは、様々なステークホルダーとの協業の輪を広げ、オープン・イノベーションを活用することによって、ダイナミックにお客様と社会の課題解決に挑んでいきます。

DCSは、これからも挑戦と成長を続け、皆様と輝く未来社会を共創してまいります。
50年を糧にさらなる飛躍を期すDCSに、ぜひご期待ください。