中堅大企業のための
人事給与BPOのベストプラクティスダウンロード

中堅大企業のための人事給与BPOのベストプラクティスとは?

従業員1,000~3,000人はBPOによる業務コスト軽減に対する必要コスト・労力のバランスがとりづらく、
人事給与BPOの推進が難しい従業員帯です。

単純にBPOの機能に合わせるだけでは現場要望は満たせず、
現場を重視しすぎればBPOのメリットが出せません。

約50年約2,000社の人事給与と向き合ってきた三菱総研DCSの支援経験から、
1,000~3,000人規模の人事給与BPOのベストプラクティスをご紹介します。

主な内容

はじめてのBPO活用ガイド
  • 実は難しい中堅大企業の
    人事給与BPO

    実は難しい中堅大企業の人事給与BPO
  • 中堅大企業の
    課題解決のアプローチ

    中堅大企業に向けた課題解決のアプローチ
  • テンプレート活用例

    テンプレート活用例
  • 中堅大企業のケーススタディ

    中堅大企業のケーススタディ

資料の主な内容

  • 実は難しい中堅大企業の
    人事給与BPO
  • 中堅大企業の人事給与BPOで
    考えなければならないポイント
  • 中堅大企業の
    課題解決のアプローチ
  • テンプレート活用例
  • 中堅大企業のケーススタディ