導入事例インタビュー

リンクアンドモチベーショングループ様従業員数:約2000人

  • グループ拡大の
    大きな変化にも柔軟に対応
  • シェアードに適した機能で
    効率的運用を実現
  • スポットBPOで
    大幅な業務量を削減
ご利用サービス一覧
リンクアンドモチベーショングループ 小沢京子様/ 大滝 由美子様/ 加藤 双葉様 営業担当 小泉/ 開発担当 筒崎

リンクアンドモチベーションは、世界初の「モチベーション」にフォーカスした経営コンサルティング会社。「社員のモチベーションを成長エンジンとする経営が時代を制する」というメッセージを発信し続け、モチベーションにフォーカスした組織開発、人材育成、人材採用、個人開発など多様な事業を展開。2000 年4 月の創業から約18年で19 社従業員2,000 人超のグループ企業へと急成長を遂げる。

組織の成長に耐えうるシステムが必要に

加藤様 :

私たちが所属するグループデザイン室は、単に経営管理を行うだけでなく、企業の成長や変化に合わせて当社のグループがどのような組織であるべきかを考えている部門です。拡大する組織やグループ内の企業を束ねながら、もっとも効果的なグループのかたちを常に追い求めています。人事給与に関連する業務においては、グループ内の企業それぞれの個性を活かしながら、共通化して効率化すべきところには対策を講じる必要があります。そのため、人事給与システムに求める要件として柔軟性は非常に重要です。

「PROSRV on Cloud] の導入のきっかけは、それまで導入していた同社の旧人事給与システムが10 法人までの利用制限があり、グループ拡大に伴いそのままでの運用が難しくなったことでした。その後、M&Aや規模の拡大が予測されたため、企業の成長を見越した人事給与システムが不可欠でした。前システムを三菱総研DCS にご担当いただいていたということもあり、当社の状況や細やかな各社給与規定も熟知していただいたことから、将来の企業の成長にも十分に対応できる適切なご提案をいただくことができました。

グループデザイン室加藤 双葉様

導入にあたり、まずはシステムが変わっても今までと同様に人事給与業務が安定して推進できる環境をいち早く構築することを目指しました。実施が決定してから約2.5か月と年末の多忙な時期でしたが新システムへの移行を完了することができました。非常にスピーディにシステムの移行ができたのではないかと思います。

クラウドサービスでありながら柔軟性が高い

加藤様:

PROSRV on Cloud へ移行したのが、2013 年です。当時、グループ企業は9 社、従業員数も500名程度でした。2018年時点では19 社、従業員数は2,000 名まで拡大しました。人事給与システムで取り扱う人数や制度、国籍や職種も増えましたが、システム側で柔軟に対応でき問題なく拡張ができています。
クラウド化したことで、事業拡大の際にシステムのレスポンスが低下するとか、大幅な改変費用が必要ということはなく、柔軟に人事給与業務を推進できており、ひとつの大きな成果だと思います。

シェアードでこそ生きる機能が豊富

大滝様:

私はグループ企業内の他の会社の人事部門からグループデザイン室へ転籍になったので他社の人事給与システムも利用した経験がありました。以前に使っていた人事給与システムは会社ごとに1社1社処理の指示をしなければならず、複数の会社を管轄するシステムとして難しさを感じていました。PROSRV on Cloud では、グループ全体に一括で処理をかけられるので、複数企業の処理をまとめて行うことが簡単にできます。非常にシェアードに向いているシステムだと思います。

また、全従業員からの人事に関する問い合わせはピーク時に1 時間で100 件程度来ることもあります。会社ごとに制度も異なる部分があるため、きちんと情報を調べながら、ひとつひとつの問い合わせへ的確な回答を行わなければなりません。PROSRV on Cloud では、人事情報と給与情報などがポータル化され、グループ内の人事情報がひとつの画面で各データの確認ができるため、問い合わせ内容の確認や回答の手助けになっています。

グループデザイン室大滝 由美子様

クラウドだからこそできた成果

加藤様:

当社はPROSRV on Cloud 導入前後で従業員数が4 倍超になりましたが、人事部門は2 ~ 3倍の増員で業務を賄うことができています。新たな企業がグループに参画した際も、システム側の対応だけでなく、三菱総研DCS の営業や技術、サポート担当の皆様に柔軟に対応いただき、問題なく運営ができています。当社では他社の1 年を3 か月で遂行するようなスピード感を心掛けているのですが、そのペースにしっかりと対応いただいています。

また、成果という点では年末調整と地方税のスポットBPOはかなりインパクトが大きかったと感じています。物理的に紙がなくなるというインパクトもありますし、アウトソーシングにより業務を縮小することもできました。それまでは年末調整や地方税は人事部門にとって一大イベントといった感じでしたが、アウトソーシングのおかげで作業そのものではなくチェックや確認に時間をしっかりと割くことができています。

サポートに満足、大きな安心感も

加藤様:

当社の変化が大きいにもかからず、いつも柔軟に対応いただけ大変感謝しています。ご相談のたびに、対応が丁寧で、担当していただく営業も技術も人事業務への理解が深く、同じレベルで業務の在り方やシステムの在り方を考えてくれます。

大滝様:

お電話で質問をした際のサポートも丁寧で素晴らしいと感じます。当社の業務内容をよく熟知していただいており、疑問にすぐに答えていただけて大変助かっています。

加藤様:

また、常にシステムがアップデートされているので、着実に法改正や最新のトレンドを取り入れていただけるのも安心感になっています。

企業の成長を支える人事給与システム基盤として

大滝様:

現状のサービスにはおおむね満足しています。あえて今後の期待を上げるのであれば、当社では外国籍の社員も多いため、今後さらに英語対応が進むと大変ありがたいです。

加藤様:

現在、人事業務の見える化を推進しており、社内でもいろいろとチャレンジを進めています。減らすことのできる工数は何か?効率化や統合できる業務はないか?本当に必要な業務は何か?など業務の分析を行っています。将来的には属人的な要素を極力排除する方向で考えており、人事業務におけるRPA の活用も実験が始まっています。
どのような人事給与業務の在り方がグループとして最適なのか、グループデザイン部門としても常に考えなければなりません。三菱総研DCS には、さまざまなアイディアやご経験を教えていただきながら、次のステップへの提案も期待しております。

取材日:2018年10月