ソリューション・サービス

ERP(Enterprise Resource Planning)サービス

ERP(Enterprise Resource Planning)とは、企業全体でヒト・モノ・カネという経営資源を有効活用する観点から、企業の基幹業務(調達、生産、物流、販売、会計、人事)の情報を統合的に管理し経営の効率化を図る手法です。

特徴

企業の生の姿をリアルタイムに把握

従来の個別システムの結合、各業務プロセス用オーダーメイドシステムでは経営者に情報が伝わるためには、数多くの「人の手」・「システム間インターフェイス」・「時間」が必要とされていました。ERPパッケージでは、「情報の一元管理」を可能にしリアルタイムな企業情報を把握・利用可能とします。その為、業務間における二重入力の廃止や間接業務の効率化などのBPRを可能とします。

統合データベースによる効果

一旦入力されたデータは繰り返し活用される為、データ入力の省力化効果が上がります。また、データの再利用コストは不要となるため、データの検索/集計を自由に行う事が可能となります。すなわち、データを活用した業務活動の成果が高められる為、データの経営資源化がなされます。

導入のメリット

従来の企業情報システムは、購買部門、経理部門など部門別や業務機能別にシステム化が行なわれていたため、企業全体の統合化の阻害要因となっていました。しかしERPを導入し、企業内における一連の基幹業務システムがデータベースを介して統合されると、業務が大きく効率化されます。業務データを一元的に管理・共有することで、同一データの重複入力や他部門への照会などの無駄な作業が削減され、部門間の情報をリアルタイムに共有することが可能になります。

BPR

ERP導入をご検討される多くの企業様は、最適な業務へのリエンジニアリングを実現しようと模索されています。DCSでは、基幹的業務の課題に現実的かつ実効性のある解決策を探し出して、ベストプラクティスを提供するシステムコンサルティングで、お客様の業務プロセスの改革を支援しています。

柔軟性

DCSで提供するERPサービスでは、特定のプロダクトに捕らわれないマルチベンダー形式でシステムの提供を行っております。お客様の業種/業態に合ったプロダクト選定から、テンプレート提供/カスタマイズ、ERPに関連する周辺プロダクトまで、シームレスで対応させて頂きます。

専門性

DCSでは、ERPに特化した子会社MRIバリューコンサルティング・アンド・ソリューションズ株式会社と共にサービスを提供致します。

運用負荷

DCSで提供するアウトソーシングサービスでは、システムの安定した運用環境の構築、セキュリティ機能の管理、遠隔運用監視サービスを行うことが可能です。また、24時間365日管理・監視し、安定稼働を支援します。

システム概念図

※画面の内容は変更することがあります。
※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。