会社情報

DCSの行動規準

三菱総研DCSグループは、グループ各社の役職員が遵守すべき基本的な事項をまとめた「行動規準」を以下のとおり定めています。

  1. 企業の社会的責任と公共的使命を十分認識し、社会からの揺るぎない信頼を確保する。
  2. 常にお客様本位で考え、十分なコミュニケーションを通じてお客様の満足と支持を頂く。
  3. 常に社会的な説明責任を果たしうる公明正大な企業活動をおこなう。
    反社会的な勢力には毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断する。
  4. 第三者の知的財産権を尊重するとともに、当社の知的財産の積極的な形成・活用を図る。
  5. 法令、社内ルールを遵守するとともに、社会的規範も尊重する。
  6. お互いの人格や個性を尊重するとともに、社会の持続的発展を目指して、地球環境に配慮した活動をおこなう。
  7. 機密保持、情報管理を徹底し、社内情報ならびに社外から得た情報を適切に管理する。
  8. 公私を峻別し、特定の組織や個人のみを利する行動は厳に慎む。
  9. 社会人として礼節・見識をもって行動する。

◆上記行動規準に反する行為を看過しない。

2006年10月1日制定
2008年8月28日改正